宅配サービスで腎臓病食づくりの負担を軽減

腎臓病食の宅配サービスの選び方  » 腎臓の症状別・食事療法のポイント » 慢性腎炎、慢性腎不全

慢性腎炎、慢性腎不全

長期的な食事療法をおこなっていく必要があるのが、慢性腎炎や慢性腎不全。悪化している場合、安定している場合など状況によって制限の数値が変わってきます。腎臓に負担をかけすぎないためにも、お医者さんや栄養士さんの指示に従って、日々の食事に気をつけていく必要があります。

慢性腎炎の食事は「低タンパク・高エネルギー」

慢性腎炎は、長期にわたってお付き合いしなくてはいけない病気のため、塩分の制限など、食事療法の徹底は非常に重要になります。

中でも大きなポイントは、低タンパク・高エネルギー。1日のタンパク質の量が決められますので、それを守りながらの食事となります。食べられる量は少なくなりますが、なるべく肉類や魚介類など良質なタンパク食品を摂っていくことが大切です。

ただし、タンパク質を減らすことで、身体はエネルギー不足に陥ります。そこで油や砂糖といった高カロリーの食品で補うことが大切。中でも砂糖は、カロリーが高いうえ、タンパク質を含まないので便利です。

ただし、カロリー・脂肪の取りすぎには要注意

気をつけたいのは、カロリーの摂取にとらわれるあまり、揚げ物などが多くなって脂質をとりすぎてしまうこと。脂肪を取りすぎてしまうと、高脂圧症や肥満といった別の病気を併発することになってしまいますから、バランスよく献立を組むようにしてください。

その際、個人で調理するのも悪くありませんが、プロの栄養士が管理する食事の宅配サービスを利用するのも手です。

また、病状が安定していて、腎機能も正常な患者さんの場合、塩分量を多少制限する程度の食事療法で済むこともあるようです。

慢性腎不全では「リンとカリウム」を制限

慢性腎不全の食事療法は、「保存期」と「透析療法期」によって異なります。保存期の場合は、低タンパク・高エネルギー食が基本となります。タンパク質を減らすだけでは、逆に腎臓に負担をかける結果になります。かならず適正なエネルギーの確保を心がけましょう。

透析中になると、タンパク制限がゆるくなり食品の選択の幅が広がりますが、今度は水分と塩分の厳しい制限が必要となります。腎不全では身体の中に水分を保持する力も低くなっているのです。

治療の段階によって、食事療法は変わっていきますが、常に意識しなくてはいけないことがあります。それは、リンとカリウムの摂取制限です。腎不全が進行すると、リンやカリウムは排泄されにくくなります。例えばリンが血液中にあふれると(高リン血症)、身体のあちこちで痛みが発生したり、骨がもろくなって骨粗しょう症を引き起こしたりします。また、カリウムの場合でも(高カリウム血症)、不整脈を起こす危険性が高まるといいます。

このため、慢性腎不全の方には、カリウムとリンを制限することが大切なのです。それぞれを減らすコツについては「カリウムやリンにも気をつける」ページでも紹介していますので、是非参考にしてください。

 
腎臓病食の宅配業者ガイド