宅配サービスで腎臓病食づくりの負担を軽減

腎臓病食の宅配サービスの選び方  » 腎臓病とうまく付き合う » そもそも腎臓の役割ってなに?

そもそも腎臓の役割ってなに?

腎臓とは、人間の腰の上にあり、左右一つずつある体の器官です。大きさは握りこぶしほどで、食卓に並ぶ空豆に似た形をしています。その役割を簡単に説明すると、体内で不要になったものを、体外に排出する働きを担っています。

ここでは、人間の体に大きな影響を与える腎臓病の元になる腎臓の役割について、より具体的に紹介していこうと思います

腎臓がもっている5つの働き

腎臓には、大きく分けて5つの大切な働きがあります。

その1:体外に老廃物を排出する

腎臓に送られた血液は、ろ過されて老廃物、塩分、尿として体外に排出されます。その反面、体にとって必要なものを再び吸収するという優れた働きをしてくれるのです。

仮にこの腎臓の働きが病気などで阻害されてしまうと、体外に排出されるはずの尿が出なくなってしまい、体内に蓄積された老廃物が毒素を発生させて尿毒症になる恐れが出てきてしまいます。

その2:血圧の調節をしてくれる

腎臓は、塩分や水分を排出する時に、その量をコントロールすることで血圧の調整も行ってくれます。

例えば、高血圧の場合には、塩分と水分の排出量を多くして血圧を低下し、反対に低血圧の時には排出量を少なくすることで血圧を高くするのです。加えて、血圧の高さによってホルモン分泌を行い、血圧を調整してくれます。

その3:血液を生み出す司令塔の役割

人間の体の中に流れる血液は、骨髄内にある細胞が、腎臓から生み出されるエリスポエチンとよばれるホルモンから刺激されることで生成されます。

腎臓が何らかの原因で正常に機能しなくなると、このホルモンが出なくなってしまうため、十分な量の血液を生み出せず、貧血になってしまいます。

その4:体液量の調整をしてくれる

腎臓が正常に機能していると、体内にある体液の量などを調節する働きをしてくれます。また、人間の体にとって必要不可欠なミネラル成分を体内に取り込む役割もしてくれます。

この機能が正しく働かなければ、体のむくみ、疲れ、めまいなどの不調が顕れ始めます。

その5:丈夫な骨をつくってくれる

運動カルシウムを体内に吸収させるのに必要な活性型のビタミンDの生成にも、腎臓は大きな役割を果たしています。

骨を正常に育てるには、腎臓の他の複数の臓器の助けが必要ですが、腎臓の働きが悪化してしまうと、ビタミンDが不足して、骨にとって必要不可欠なカルシウムをうまく吸収できなくなってしまいます。結果、骨が弱体化してしまうのです。

このように見ていくと、腎臓は人間の体にとって重要な役割を担っていることがよく分かります。

 
腎臓病食の宅配業者ガイド