宅配サービスで腎臓病食づくりの負担を軽減

腎臓病食の宅配サービスの選び方  » 腎臓病の食事療法、3つのポイント » 【番外編】何故食事療法が大切なのか

【番外編】何故食事療法が大切なのか

腎臓病になると、さまざまな食事制限などがあります。食べたいものが食べられない、とてもストレスに感じるかもしれませんが、実は体の調子をより良好な状態にしておくためには食事はとても重要な役割をもっています。腎臓は、体の老廃物をろ過してくれる臓器です。弱ってしまった腎臓にあまり負担をかけないためには、食事の内容を考える必要があることを知っておくのは大切なことなのです。

食事療法が必要な理由

食事療法というと、いろいろな種類のものを聞いたことがあると思います。例えば、糖尿病食や低カロリー食、減塩食等です。そして、腎臓病の患者さんのためには、腎臓病食というものがあります。

腎臓病の人が食事療法をするには理由があります。

  • 腎臓の負担を減らし腎臓病の進行を遅らせる
  • 体調を安定させる

腎臓機能が衰えると、体の中の老廃物がうまく排泄されなくなります。

肉や魚などのたんぱく質をたくさん食べる人は、尿素や窒素、クレアチニンなどの腎臓でしかろ過できないものが排泄されにくくなり体内に過剰に存在するようになります。

また、ナトリウムもうまく排泄されなくなり、むくみや高血圧、だるさなど不調を引き起こします。

もちろん、きちんとバランスを考えて栄養を摂らなければ別な意味で体調を悪くします。なんでもかんでも抑えてしまうと、楽しみも元気もなくなり病気に負けない心も生まれません。

ですから、食事療法には大きな目的と役目があるのです。

腎臓病の人の食事療法のポイント

腎臓病の人の食事療法には3つのポイントがあります。

  • たんぱく質を過剰に摂らない

たんぱく質を摂り過ぎると代謝され、余った分は血液の中に老廃物として残ります。すると、腎臓で活発な老廃物のろ過作業が始まるわけですが、あまりに過剰になると腎臓はオーバーヒートしてしまいます。そこで、腎臓に過度の負担をかけないためにもたんぱく質を抑える必要があります。

ただ、タンパク質は体にとってはとても大切な栄養素です。ですから、やみくもに抑えるのではなくきちんと計算された適切な量のたんぱく質を摂ることが大切です。

  • エネルギーを十分に摂る

太りたくないとエネルギー量ばかりを抑える人がいますが、実は要注意です。エネルギーが不足すると、体のたんぱく質が破壊され血液の中の老廃物が増えてしまうのです。すると、摂取するたんぱく質は減らしても体内にあるたんぱく質から老廃物が生まれてしまうので逆効果。糖分や脂肪分でエネルギーを補ってあげましょう。

  • 塩分量の制限

腎臓病の食事療法で一番知られているのが塩分量を抑えることでしょう。腎臓は、ナトリウムの排泄という重要な役割も持っています。塩分を摂取しすぎると腎臓がろ過しきれなくなり、高血圧やむくみなどが現れてきます。そこで、計算された適切な量の塩分を摂るようにします。大体1日に6gまでが適切だとされています。

  • それ以外の注意

中にはカリウムやリン、水分を抑える必要がある人もいます。医師や管理栄養士の指示に従って正しい食事療法を行いましょう。

 
腎臓病食の宅配業者ガイド